全日本コンテンツソフト倫理審査会

基本理念

全日本ビデオ倫理審査会が定める倫理規定は、会員が制作する主に成人向け映像ソフトについて、大人の為の健全な娯楽として広く信頼が得られるよう、その時々の社会通念や市場形成の変化に対応し且つ、青少年の保護にも配慮した独自の倫理基準に基づく、厳正・平等な審査制度によって、自らの権利を保護し秩序ある発展を目指すものである。

 適用と解釈

本規定の適用と解釈については、それが、憲法で保障された「表現の自由」に対し抑止的な効果を持ち得るため、慎重になされるものとする。

本規定の適用にあたっては、社会通念や市場形成はその時々により変化するものであり、そうした事情を考慮し最終的に判断するものとする。

本規定に定めがない場合であっても、著しく、社会通念に反すると判断した場合は本規定に準ずる扱いをするものとする。